ラナー王女の闇が露見-オーバーロードⅡ9話

公開日: : 最終更新日:2018/03/21 アニメ・漫画 , , ,

オーバーロード2期のオープニングやエンディングからも、

不穏な空気がビシビシっと流れていた。

ラナー王女の闇

なのですが、遂に本性を現しました。

 

王女様はクライムが大好き

『私の大好きなクライムを馬鹿にする者は消す』という事を、

心の内に秘めながらも、表情はとても笑顔

 

自分は、正直言うとラナー王女はクライムをいい様に使う駒か何かかと勘違いをしていました。

それから、クライムに対して陰口を言っていたメイドですが、ラナー王女が手配した者だと思っていましたが、今回の件で一気に崩れ落ちましたw

 

表情を作っていた?

いつもクライムを馬鹿にしているように見ているあの子(メイド)を

呼び出す前に表情を鏡の前で作り始めるラナー王女

『どんな顔が良かったんだっけ』

 

その時に、

『これは、王女として面会する時の笑顔だわ』

次に、

これがいいわ

と言って、最高の笑顔を作ってから、

クライムの陰口を言っていたメイドを呼びます。



メイドに、クライムが活躍した話を嬉しそうに語るラナー王女。

ですが、メイドがクライムを嫌という事をラナー王女は知っていて、

それでも尚且つ、メイドにその話を聞かせる訳とは…

 

メイドをこの世から消す段取りをつけているのだと思われます。

頭が良いので、上手く自滅させる道を歩ませるか、何かの事件に巻き込まれ…まぁ想像上の話ですがw

 

というか、『いつもクライムを馬鹿にしているような顔』

をしている他人の表情もわかる。

自分のするべき表情もを見ながらであればわかるラナー王女…

色々とおかしい面が一気に露見してきましたね。

真夜中にメイドを呼び出しお湯を要求

人間、喉が渇いたら飲み物を飲みたくなるので、

『お茶・紅茶を持ってきて』ならわかる。

 

『お湯を持ってきてくれないかしら?』

うん、わからんw

 

クライム嫌いのメイドにクライムが活躍した話

ラナー王女は心の中で「クライムを馬鹿にする人間はすべて消す」と思っている。

そこへ、お湯…..

何だろう、とても不穏な流れがあるよね….

 

 




関連記事

no image

灰と幻想のグリムガル、早く続きが読みたい….

何でもそつなくこなす人間 嫌な人間 気遣う人間 明るい人間 暗い人間

記事を読む

アニメ「だがしかし2期」は原作漫画の何巻あたり?

だがしかし 8 (少年サンデーコミックス)   アニメ、「だがしかし2期」が

記事を読む

さよならの朝に約束の花をかざろうの『約束の花』ってなんだ?

上映日が2018年2月24日(土)の さよならの朝に約束の花をかざそう を見てき

記事を読む

ランタの次はユメ…つまり新キャラが補充? 灰と幻想のグリムガル12巻

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始ま

記事を読む

異世界転生して無双チートが癖になってしまった人へおすすめする漫画-10選

はじめに 最近、異世界転生系の漫画にハマってしまい その中でも面白かった!続きが気になる!

記事を読む

ライトノベルにお金を出すってリスキー過ぎやしないか?

ライトノベルを購入して読むのはいいんですけど、 途中で飽きてしまうんですよ。(勿論ちゃ

記事を読む

no image

灰と幻想のグリムガルの盗賊って何の役に立つの?光の線て何?

灰と幻想のグリムガルの主人公ハルヒロの所属するギルドが   盗賊ギルド

記事を読む

デミウルゴスとの茶番劇が始まってしまった一番の理由

デミウルゴスは敬愛なる御方であるモモンガに対して、 何があっても絶対なる忠誠を向ける身

記事を読む

月がきれいの「3月9日」が、CD収録されてない件について

月がきれいの、6話を見た人間は 絶対に気になるであろう、あの挿入歌...  

記事を読む

面白い作家さんっていうのは、SNSもやっぱおもろい

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。12 (ガガガ文庫) 価格:680円

記事を読む




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




no image
豪雪 福井市内ゴミ回収

福井市内のゴミ回収は 15日金曜日まで中止

no image

冬の時季になると贈り物で「せいこがに、ずわいがに」を頂く機会や、ついつ

 
モブサイコ1期見るなら最後まで

https://youtu.be/_E0wbdZZKRc

ヴァイオレット・エヴァーガーデン、映画化

まさかの映画化決定!? アニメ最終回後に、完全新作の制

3+7×3=【答えは?】

理系の人は分かっても、文系の人にはわからない問題ってありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑